業務案内(特殊技術・工事) SERVICE

MJPを応用したクリーニングシステム

イメージ:MJPを応用したクリーニングシステム

MJPを応用したクリーニングシステムは汚濁水が発生せず、駆動水を再利用し掘削効率が高い工法です。

MJPを応用したクリーニングシステムの特徴

  • 01桟橋奥などに堆積しているヘドロやかき殻の浚渫。
  • 02本体口径の約90%の異物の吸い込みが可能です。
  • 03ロープ・空き缶・シート系などサンドポンプで浚渫不可能な異物でも浚渫可能です。
  • 04取水路や排水路などの奥深い場所の浚渫が可能です。
  • 05掘削土砂等の長距離搬送が可能です。
  • 06人力掘削する事で水中下の汚濁水が発生せず、環境面に配慮が可能です。
  • 07駆動水を再利用し掘削効率を高めることができます。

イメージ:MJPを応用したクリーニングシステムの特徴

  • 08掘削した土砂などはさまざまな工法と組み合わせが可能です。
MJPを応用した濁水処理工
掘削土砂は砂や砂利とヘドロに分別し、砂・砂利はリサイクルまたは、処分場にダンプ搬送ができます。ヘドロと濁水は無害処理剤を使用し、処理水は河川や海に、ヘドロはプレスにより脱水ダンプ車によって処理場へ運搬できます。
MJPを応用したかき殻回収
ヘドロ混じりのかき殻をヘドロとかき殻に分別し、かき殻は処分場へ、ヘドロや濁水はピットへ排水、又はバージに排水することが出来ます。また、その後濁水処理を行って環境面への対処が出来ます。
写真:作業状況
作業状況
写真:掘削土砂搬送状況
掘削土砂搬送状況
写真:掘削状況
掘削状況

一般的なMJPの応用例

桟橋(橋)下の浚渫

取水路等の浚渫

MJPの原理

MJPの原理01

写真:排出状況
排出状況
写真:掘削状況
掘削状況

バックホウアタッチメントによる施工

写真:施工状況
写真:施工状況

製造技術データベースサイト IPROS 製造業

お問い合わせフォーム