業務案内(特殊技術・工事) SERVICE

MJPを応用した埋戻し

写真:MJPによる埋戻し

桟橋下部、池沼等機械による、砕石、土砂等の埋戻しが困難な場所の施工が可能です。

MJPを応用した埋戻しの特徴

  • 01

    構造物周辺、下部等機械による直投が不可能な場所の施工が可能

  • 02

    埋戻し材料の長距離搬送が可能です。機械材料の組み合わせに400m施工実績有(東京国際空港D滑走路建設工事)

  • 03

    吐出ラインは、三相流(個体、液体、気体)が混合した流れとなるため滑らかな搬送状態を作り出します。

  • 04

    キャビテーション(空洞現象)は起こりませんので安定した真空力が保たれます。

図:MJPを応用した埋戻し

写真:MJPを応用した埋戻し01
埋戻し装置本体
写真:MJPを応用した埋戻し02
埋戻し材料投入
写真:MJPを応用した埋戻し03
埋戻し状況

製造技術データベースサイト IPROS 製造業

お問い合わせフォーム